通勤か在宅か比較と選び方 自由な働き方で稼げる副業

    チャットレディ 通勤在宅
    チャットレディ開始は通勤・在宅どっちにするか、まずは自分のライフスタイルと性格に合う方を選ぶことをおすすめします。通勤・在宅どちらにもメリット・デメリットがありますが、結論から言えば初心者なら通勤で慣れて在宅に変更するのが一番効率がいいです。

    チャットレディ 通勤 在宅
    ワークスタイルは自分で決めてOK、心理的安全性が得られるかも大事だと思う。

    この記事では、通勤在宅の違いを説明して、向き不向きからも判断する材料を紹介します。

    通勤・在宅チャットレディ比較

    チャットレディ メリットデメリット比較

    通勤チャットレディとは

    会社員、バイトやパートと同じように、代理店事務所へ行って、お仕事する働き方です。チャットルームのお部屋はマンションタイプ、フロア貸切り、パーテーション仕切り、完全個室など、代理店によって変わります。何も準備せずとも、手ぶらでお仕事できるのが特徴です。

    在宅チャットレディとは

    ノートパソコンやスマホからログインして、自宅でお仕事できる人気のテレワーク求人です。最低限wifi環境必須、スタッフとはメールやラインでやり取りします。身バレを防ぐため、同居人との距離感、突然の訪問や個人情報の映り込みなど、通勤以上に気を使う必要はあります。

    通勤チャットレディのメリット

    準備不要、手ぶらで開始できる

    チャットルーム利用なら最初から最高の環境で仕事できます。複数の照明、高性能マイク、高機能カメラやスタンドが設置済で、初期費用ゼロの安全な環境で集中して効率よく稼げます。

    サポートが入りやすい

    スタッフとの距離が在宅と比べ近いので、稼ぐコツやノウハウが手に入りやすくなります。単純接触効果で親近感がアップすれば、自然とスタッフのフォローの回数も増えがちになりモチベーションも上がりやすいです。

    情報が早く、その場で相談解決

    一早くボーナスやキャンペーン情報が手に入り予定が組みやすくなります。また、仕事の悩み相談やアドバイス、リアルタイム貰える客観的意見で対策がすぐに行え、次のパフォーマンスに活かして効率よくステップアップできます。

    仕事とプライベートのメリハリがつく

    仕事環境を変えることで上手にプライベートとのオンオフできます。小さな目標を達成する習慣がつきやすく、集中してお仕事することでモチベーションアップにも繋がります。

    寮相談可能、宿泊に使える

    チャットルームの寝泊まりOK、朝まで使えるので時間を気にせずお仕事できます。賃貸マンションタイプの寮を完備した代理店もあるので、お困りの方は相談できます。

    衣装やアメニティが無料

    お客さんからのリクエストに応じたコスプレ衣装が自由に使えます。また、ドリンクサーバーやお菓子などのアメニティ関連を無料で利用することができます。

    交通費が経費になる

    チャットルームに通って業務遂行する為に使った交通費(電車・バス・タクシー・高速代・駐車場代等)は確定申告で経費計上できます。交通費支給は条件や代理店にもよります。

    仲間と知り合える

    同じチャットレディとして働く先輩、同僚、後輩と知り合えます。情報交換や切磋琢磨することでモチベーションを保て、孤独になりがちな仕事の悩みを共有して目標に向かって頑張れます。

    当日日払い

    急な出費で困った…金欠でピンチ!即日で働いた分のお給料を即日受け取ることができます。代理店によって全額、半分、一部など、条件はあるので相談してください。

    通勤チャットレディのデメリット

    報酬率が悪い

    報酬率が30~45%と、在宅40~50%と比べて低くなります。最大のデメリットになります。代理店側は家賃や通信費、光熱費等を負担してるので仕方ありません。その分、ノウハウやサポートが付いてきます。

    スタッフと合わないとやりづらい

    パフォーマンス中はスタッフ監視が入ります。また、通勤でスタッフとの相性が合わないといった、巡りあわせの運もあります。出来るだけスタッフの質が高い大手を選びましょう。

    自由に働けない時がある

    基本的には働き方は自由ですが、チャットルームが予約制度の都合上、スタッフから次いつは入れます?等、シフトを求められる形になりがちで、隙間時間で働くのに不向き。

    通勤時間がかかる

    通勤時間が無駄と考える人には大きなデメリットです。移動時間がなくなれば、その分の時間を有効に使えます。通勤が億劫、メンタル的にストレスに感じるなら在宅一択です。

    通勤向きの人

    • 人間関係のストレスを感じにくい
    • 自分判断じゃ分からないアドバイスが欲しい
    • モチベーションスイッチを持ってない
    • プライベートとのメリハリを付けたい
    • 友人や身内に相談相手がいない
    • 仕事に集中できる環境で働きたい
    • 家庭の事情で家では働けない
    • 準備なし、手ぶらで働きたい

    在宅チャットレディのメリット

    好きな時に仕事できる

    好きな時間に、好きなタイミングで働けるのは個人事業主だからです。タイムカードも勤怠表もノルマもないので、自分で管理して報酬が発生した分をお給料にできます。

    報酬率が良い

    在宅の報酬率は40~50%と、通勤の30~45%に比べて高くなります。最大のメリットになります。ある程度サポートを必要しない、稼ぐ自信がある人は報酬率の高い在宅はおすすめです。

    通勤時間がない

    コロナ以降定着しつつある、在宅ワークやテレワークという新しい働き方ができます。小さな子供がいる家庭なら育児、病気やなど介護とも両立しやすい働き方ができます。自宅のスペースを使うので、通勤時間削除、余計なストレスから解放されます。

    スタッフとの適度な距離感

    あまりスタッフとガツガツやるつもりがない、自分でスケジュール管理できる人に向いてます。人間関係が煩わしい方でも、最低限メールやラインでスムーズにとれれば問題ありません。

    在宅チャットレディのデメリット

    身内バレしやすい

    独り暮らしなら問題ありませんが、同居人がいる場合に細心の注意が必要です。必ず一人の時、履歴削除等のルール決めをして、お仕事しましょう。個人情報の映り込みにも注意が必要です。

    自宅にお仕事環境が必要

    個人情報が映らない、最低限の仕事スペースが必要です。照明、高性能マイク、高機能カメラなどを揃えるのに、1万程度は自費がかかる点はデメリットになります。

    仕事とプライベートのオンオフが難しい

    スイッチを切り替えないとダラダラ仕事することになります。服を着替える、時間を決めるなど、自分のルールを作ってメリハリを付けましょう。

    サボるとスタッフサポートが遠ざかりがち

    チャットレディも当然ビジネスですから、ログイン頻度が少なく、やる気を感じられない女性のフォローは忘れられがちです。人によっては適度な距離感はメリットになりますが、時には積極的にコミュニケーションを図ることも大事です。

    在宅日払いは確実じゃない

    在宅日払いの場合、日払いOKと表記されてても締め時間との関係上、入金が翌日になる場合があります。どうしても当日、即日払い希望の方は、近くに事務所がある代理店で通勤手渡し可能か確認してからにしてください。

    やる気スイッチが必要

    精神面や身体的な疲れ、他に悩み事があるなど、やる気があっても行動にうつせない時の自己セルフケアが通勤より必要。目標を意識してログインする仕組みや習慣化が大事です。

    チャットレディは孤独になりがち

    スタッフとのコミュニケーションが疎遠になりがちで、お仕事の悩みを解決できず無駄な時間を使ってる場合もあります。遠慮せず積極停にスタッフに不安や疑問をぶつけましょう。

    在宅で必要なもの

    パソコンかスマホ、wifi環境があれば仕事可能です。最初から揃る必要ありません。まずは体験して、自分に合ってる、やれそうだと思えばカメラ、照明等の仕事環境(1万程度で十分)を整えてください。

    在宅向きの人

    • マイペースで働くのが好き
    • 計画性があって自己管理できる
    • モチベーションスイッチを持ってる
    • 友人や身内に相談相手がいる
    • ワークライフバランスを重視したい
    • 通勤ストレスを感じたくない
    • 家庭の事情で家から出れない

    通勤在宅で稼げる代理店は?

    報酬率の相場は通勤が30~45%、在宅50%前後で、稼ぎやすいのは在宅ですが、初心者がいきなり在宅を選択すると稼げず終わってもったいないこともあります。初心者は通勤でノウハウを学び、手応えを掴んだら在宅に切り替える方法がおすすめです。

    最初どこの代理店事務所が良いか分からない女性はポケットワークがおすすめです。報酬率で通勤30%~、在宅50%~、全国展開で部屋数も多くどちらも利用できて業界トップクラス。運営実績も10年以上で口コミの評判も悪くありません。程よい距離感を保ってくれるスタッフで安心して働けるはずです。

    身バレリスクは一緒では?

    チャットレディはオンライン上の仕組み化されたサービスなので、通勤在宅に関わらず個人情報が洩れることはありません。最も身バレに繋がる原因は、本人がうっかり喋ったなどがほとんど。通勤に比べ在宅は仕事環境がプライベートと混同するので、同居人の問題、私物等の映り込み、気の緩みによる身バレ発言が高い傾向にあります。その為、専用の仕事環境がある通勤の方が身バレリスクは低いです。

    仕事内容の違いは?

    通勤在宅ともに、仕事内容は変わりません。傾向を挙げるとすれば、スタッフとの距離が近い通勤の方がフォローが多い点でしょうか。折角稼ぎに来てくれたのに、成果ゼロで帰らす訳にはいきません。

    通勤と在宅を両方体験する

    向き不向きは経験してみる必要があります。自分のライフスタイルに合った働き方がベストですが、良い悪いの判断は比較判断しないと分かりません。

    在宅が向いてると思っても、通勤にすると稼げるようになる人もいますし、その逆の人もいます。お客さんとのコミュニケーション能力、代理店やスタッフとの相性も影響します。おすすめは、一日体験など利用して感触を試してみることです。

    ポイント

    • 通勤より在宅の方が報酬率が10~20%高い
    • 初心者は通勤、慣れたら在宅がおすすめ
    • 身バレリスクは通勤が低い傾向にある
    • 通勤の方がノウハウ吸収率が高い
    • どっちが稼げるか経験しないと分からない

    直契約と代理店登録のメリット・デメリットも参考になります。

    関連記事

    代理店登録と直契約はどっちがいい?日払いは?稼げる?店舗は近くにある?サポートは24時間か、給料やボーナスは多くあるかなど。おすすめは、初心者は代理店登録で、トラブル対応ができる経験者は直契約です。双方にそれぞれメリット・デメリット[…]

    チャットレディ 代理店 メリット デメリット
  • チャットレディの基礎知識, 働き方や稼ぎ方